ハートと聴診器

いろいろな種類があります

男性

自分に合った薬を選ぼう

抗うつ剤にはいくつかあり、例えばSSRIにはパキシルやジェイゾロフトなどがあります。SNRIにはサインバルタやイフェクサーなどがあり、NaSSAにはリフレックスなどがあります。三環系抗うつ薬にはアナフラニールやトフラニールなどがあり、四環系抗うつ薬にはルジオミールやテトラミドなどがあります。その他にはドグマチールやエビリファイなどの薬がありますが、これらはうつ治療薬として作られたものです。基本的に抗うつ剤は脳内においてモノアミンと呼ばれている神経伝達物質、つまり神経細胞間を橋渡しするような物質を増やす作用があると認められいます。うつ病の患者はモノアミンが少なくなっていることから、モノアミン量を調整することによって脳内バランスを整えることができつらい症状を緩和することができると言われています。うつ病と関係している神経伝達物質にはいくつかあり、不安や落ち込みなどに関係するセロトニンや意欲や気力の低下に関係するノルアドレナリンなどがあります。ドーパミンは興味や楽しみが減退するのに関係していて、セロトニンが減少すると不安や落ち込みなどが強くなることがあります。ノルアドレナリンが減少すると意欲や気力も低下していき、ドーパミンが減ってくると興味や楽しい感情などを失うと言われています。抗うつ剤はモノアミンを主に増加することができ、分泌されたモノアミンが再び吸収されるのを防ぐことができる作用があり再取り込みを阻害することが可能です。モノアミンを増やすことができ自己受容体遮断作用があります。抗うつ剤はうつ病の治療に使われていて、例えばうつ症状が見られる場合や不安へのとらわれが強い場合、睡眠障害が見られる場合などによく利用されています。うつ症状を改善することができ、特に脳の機能が変調しているような内因性のうつ病に効果的です。セロトニンやノルアドレナリン・ドパミンなどの神経伝達物質を整えることによってうつ症状を改善することができます。抗うつ剤は不安にもよく利用されていて、社交不安障害といった不安障害や強迫性障害にも利用されています。セロトニンが増えることによって「とらわれ」が少しずつ減少していき、睡眠を促す作用もあるので睡眠障害にもよく使われます。鎮静系抗うつ薬とも呼ばれていますが、NaSSAや四環系抗うつ薬などが対象です。レム睡眠を少なくするのに三環系抗うつ薬などが使われることもあるでしょう。抗うつ剤はすぐに効果が出るものではなく、効果が出るのに2週間〜1か月ぐらいかかることがあります。人によって個人差はありますがその効果は次第に出てくる傾向があり、不安や不眠などといった症状に対しては人によってすぐに効果を実感することができるでしょう。抗うつ剤の効果がきちんと安定するのに薬が常に身体の中にあり安定した状態にあることが必要です。規則正しく薬を服用することによって少しずつ薬が身体の中に溜まっていき安定します。このような状態を「定常状態」と言いますが、この期間から次第に効果を実感することができ辛い症状などが緩和されていくでしょう。医師の指示通りに服用することが大切です。