ハートと聴診器

きちんと使えば怖くない

医者

風邪をひいたら風邪薬

抗うつ剤を使用する目的は、決して「うつ病にかかっているから」というだけではありません。気分が落ち込んでいたり、興奮して眠れなかったり、そわそわする、不安感があるなど、軽い症状で処方される場合もあります。そういった症状を「抑うつ状態」と言います。気分が落ち込んでいる抑うつ状態になっているときは、脳内物質の伝達に異常が起きているサインです。その脳内物質の伝達を助けるために、抗うつ剤は使われます。抗うつ剤が作用する脳内伝達物質は大きくふたつあります。ノルアドレナリンとセロトニンです。両方とも、気分を軽くしたり、心を落ち着けたりする重要な役割を担っています。これらが不足してくると、脳がバグを起こして、とてもつらいと感じたり、やる気が出なかったり、動けない、何も出来ないなどといった症状が出始めます。やがて、重篤になると「うつ病」と診断されることになります。抗うつ剤を使用すると脳内伝達物質がどうなるかというと、SSRIやSNRIという薬の場合、ノルアドレナリンやセロトニンを、伝達元に再吸収されることを阻害します。そうすることで、伝達先へ到達するノルアドレナリンとセロトニンの数が増え、結果的に気分が楽になるという仕組みです。NaSSaとSSRI、SNRIを組み合わせて活用するカリフォルニア・ロケットという使用法もあります。これらは、伝達元からノルアドレナリンとセロトニンの生産を増強することで総数を増やし、伝達先へ伝える方法です。どちらの方法も多数の薬剤を少量ずつ使用することが一般的です。まず、精神科の診察費用というのは一般的な内科などと大した変わりはありません。内科と精神科、心療内科を総合的に診ているクリニックもあります。初診料や再診料など、根幹的な部分に変わりはありませんが、心配になるのは高額になる抗うつ剤の料金です。大きく変わるのは、抗うつ剤などの薬剤にかかるお金です。中には、先進医療に使われる高額な薬剤もあったりして、ときに医療費が高額になったりします。ですが、それらもひとつのクリニックにかかり続けるのであれば、高額医療費制度というものが使えます。上限額は年齢と所得に応じて定められていますが、月の一日から末日までの上限額を越えた場合、その超えた額を政府から支給される仕組みです。また、自立支援医療という制度もあります。精神科に通い、抗うつ剤を処方されている多くの人は自立支援医療制度を使っています。高額になりやすい抗うつ剤の処方に対し、国からの支援が受けられます。主に上限額は所得や税金の納め方によって決まります。その上限額を超えると、政府が超えた額を支給してくれる仕組みです。それらを使用しない場合、一回当たりの精神科の受信料はだいたい一万円前後となります。初診料は五、六千円、診断書費用は六、七千円程度です。評判の良い病院を探すには、まず自分で通ってみることが一番です。病院を何回も替えることは自由ですし、セカンドオピニオンをつけることもできます。自分に合った先生、処方を見つけるためには、時間がかかることも多く、また、一概に「この先生が素晴らしい」ということも言い難いです。たとえ病院が空いていても、先生が良い人である場合も多く、口コミはあてにならないことが多いです。