男性

うつの症状に使える薬

薬

うつの治療で使われる薬は脳に直接作用するため、飲み忘れた時にまとめて飲むと異常が発生するので気をつけるべきです。クリニックでもらえる抗うつ剤は症状の予防にも使えるので、初期の段階で治療を受ければ高い効果を得られます。

もっと詳しく

きちんと使えば怖くない

医者

自分に合った病院、抗うつ剤を見つけることができると、治療がぐっと楽になり、社会復帰への道のりも短くなります。抗うつ剤は医師からの情報、また指示を守って正しく使い、きちんと使用することで、最大限威力を発揮します。

もっと詳しく

いろいろな種類があります

男性

抗うつ剤にはいくつか種類があり、脳内にある神経物質に作用することができます。不安や落ち込みなどを改善できたり、不眠などの症状を改善することが可能です。いろいろな種類があるので医師と相談して自分に合ったものを処方してもらいましょう。

もっと詳しく

安心してのめる薬

女性

休養と薬を大切に

一般的な風邪薬や胃薬などと同じように、うつ病を治すために用いられる薬があり、抗うつ薬や抗うつ剤と呼ばれています。こうした薬がもつ効果は大きく分けてふたつあり、ひとつはうつ状態の気分を改善するというものです。服用することによって、ネガティブなことばかり考えてしまうような人や、落ち込んでしまう人の気持ちを和らげる効果があります。よく勘違いされがちなこととして「抗うつ剤を服用することでテンションが高くなったり攻撃的になったりするのではないか」という点が挙げられますが、こうした効果は低いと考えて良いでしょう。もう一つの効果は、体の神経機能に作用してその働きを徐々に正常化するというものです。うつ病になると、感情や意欲を司る神経系が摩耗してしまい、体に様々な症状として現れることがあります。こうした体の症状というのは基本的に薬での対処療法となりますが、根源的に解決するためには抗うつ剤が不可欠といえるでしょう。抗うつ剤の多くはドラッグストアなどでは購入できず、医師からの処方がなければ手に入れることはできません。似たような効果を持つ薬や医薬部外品などはありますが、うつを治療したいと考えるなら医師から処方された薬を用いるほうが良いでしょう。抗うつ剤にはいくつかの種類があり、SSRIやSNRIなどといった分類がされています。どの薬が適しているかはそのひとのうつ症状の重さや体質によって異なるため、これもまた医師の判断に委ねたほうがよいでしょう。薬は体に害を及ぼすと考える人もいますが、どれも安心なものばかりで安心して使えるはずです。「いつも気分が落ち込んでいる」「人間関係で悩んでいる」というようなストレスの強い環境に置かれると、人間は心身共に弱ってしまうものです。自分ではなんの問題もないと信じていても、腹痛や頭痛といった形で症状が現れているというのもよくあるケースのひとつ。もしも「自分は鬱病かもしれない」と思ったら、まずは病院の受診をお勧めします。インターネットや雑誌などではマインドフルネスに役立つ様々なケア方法やケアグッズが紹介されているため、これらを頼ろうとする人もイルでしょう。しかし、うつ病はあくまで“病気”の一種であり、医師による適切な診断と治療を必要としていることは紛れもない事実です。もちろん、うつ病の一歩手前である“うつ状態”にある場合は、自分だけの力である程度の症状改善が見込めるかもしれません。しかし、それを見極められるのもまた医師だけといえるでしょう。心療内科やメンタルクリニックなどへの通院を考えた時、ネットや電話などを使って診察の予約を取ることが先決です。さらに、病院のホームページでは問診票がダウンロードできるケースもあり、事前にプリントアウトして記入しておくと、受付をスムーズに済ませることができます。何を伝えればよいかわからない場合、抗うつ剤への不安がある様な場合には素直に医師に伝えたほうが良いでしょう。心の病気は目に見えない分、ありのままの情報を医師に伝えることが何より重要です。抗うつ剤や治療方法についてはもちろん、金銭的な面での不安などもあれば伝えておくと、治療に専念できるのではないでしょうか。